新卒タクシードライバーブログ

新卒でタクシードライバーを選んだ男の記録みたいなもの

【近況報告】

久しぶりの投稿失礼します。速いことにタクシー会社に入って2年経とうとしています。半年前までは仕事に対して不満はあれど日々成長を感じていてなんやかんや楽しくこのまま10年やって個人タクシーなれたらなぐらいの気持ちで仕事をしてました。

しかし最近の自動運転の進歩を目の当たりにし、もしかしたら自動運転が公道を走れる未来が想定していたより速いんじゃないかという懸念が強まり、本当にこのままでいいのかと危機感を覚えました。 そして上記の展開を仮定するなら後2、3年で個人タクシーになれるならともかく、ここ1年で個人タクシー目指し始めたんじゃ間に合わないことはないにしても自動運転普及間近まで迫っているなんてことも考えられる訳です。そうすると個人タクシーになる進路は考え直した方がいいくらいにはリスクが高く、ドライバーを長期的にやる理由としてそれになるという目標を持っていた自分は長期的に勤める理由がなくなったので転職を視野に入れ、動き始めなければと思いました。

しかし仕事内容次第では疲れて動けないこと山の如しで12.13乗務が憎くてしょうがないのが現状。なら有休を取るべきですが予想通り昭和な文化色濃いタクシー会社には、社員がしっかり有休を消化することなんて想定されていないと想定しているので(勝手に)乗務はほどほどにして明け休みに活動できるぐらいの余力を残しつつ働いてます(さじ加減の調整が効くのがタクシー乗務員のいいとこだなとしみじみと思う)。という訳で転職活動を始めた報告です。

続けるにしろ、辞めるにしろ、自分が「なぜそうするのか。」と納得する答えを出せるように尽くしたい2018年です。

 

追記.一月分の有給取得できました(想定外)。平成な社風でした。ありがたい。