新卒タクシードライバーブログ

新卒でタクシードライバーを選んだ男の記録みたいなもの

海外配車サービスの脅威の本質

中国配車アプリ「滴滴出行」の読み方は中国ではディディチューシンらしいですがチューシンはドンキーだと思います。

 

……まあいいや。

 

海外配車サービス、主にUBERLYFT滴滴出行があります。これらの存在はタクシー業界からするとお客様を取られる可能性があり脅威です。しかし日本のタクシーの配車アプリは海外配車アプリとほぼ遜色なく、サービス内容で勝負はできてると思います。

 

本当の脅威はこれらのサービスは労働力を集めるということに長けていることです。賛否は置いといて、白タクが合法であることが認められた場合、一般の方だけでなく一定のタクシードライバーも海外配車アプリを利用し生計を立てる可能性があるということです。

日本の法人勤めのタクシードライバーは素晴らしい社会的地位と、健康的な勤務形態、整った福利厚生、圧倒的年収があり、将来安泰とよく言われています。しかし現在タクシー会社はこれだけ労働条件に恵まれているにも関わらず人手不足に陥っています(原因はタクシードライバーが狭き門であること、試験が難関である等諸説ある)。

そんな中で例えばの話ですが新卒で法人タクシードライバーとしてドライビングスキルを培い、同期と共に

「俺たちでタクシー業界を変えようぜ。」

と表向きに息巻きながらも、入社当初から白タク合法化次第では日本において最速で海外配車アプリを使って若手カリスマウーバードライバーとしての地位を得ようと画策している人がいるかもしれませんし、興味本位だったり、気楽にできそうだったり、好きな車で営業したかったりでその規模が数人で済まなかった場合、人手不足に拍車をかけてしまいます。いくら日本のタクシー会社とはいえ、そこから海外配車アプリに食われるかもしれません。

 

以上、顧客だけでなく乗務員の流出という脅威が海外配車アプリにはあるかもしれないという記事でした。

 

実際、白タク合法化した場合ですがタクシードライバーの方は自分ならどう動きます?

あと一般の方でもタクシードライバーじゃなくてライドシェアならって考える方はいます?

 

んじゃまた