新卒タクシードライバーレポ

新卒でタクシードライバーを選んだ男の記録みたいなもの

新卒がタクシー乗って1年経つと……

「暇は潰すものではない、味わうものだ。」

ども世界一暇を愛する男です。乗務して一年経ったなあってことでタクシードライバーとしてどれくらい成長したのか確認するために一年前と現在を比較してみました。

 

著者の入社時、試採用時

運転技術:もちろん神……ではなく紙ドライバーレベル。二種免取得時に教官に苦笑いされるレベル。

地理:池袋区、上野区、浅草区

事故違反:えらいこっちゃ

営業収入:月収15万、補償給さまさま

 

著者の現在

運転技術:「狭く」て「人通りの多い道」の「後退」に戸惑う。どれか一つの要素がなくなればそこまで苦ではない。

地理:東京の中央と西側なら割とわかる。新大橋通りより東側は大体わからない。

事故違反:半年に一回パルプンテ

営業収入:13乗務で月収35万、手取り28万ちょい

 

1乗務の稼ぎに対する疲労の度合いは現状

4万台で熟睡して明け休みには回復、仮眠でも十分動ける

5万台で熟睡して明け休みには回復、仮眠で済ませると辛い

6万台で熟睡しても明け休みに疲れを感じがする。回復率は6〜8割くらい。ビタミン剤推奨。

7万台で熟睡しても明け休みは動くのが辛い。回復率は3〜5割くらい。明けは食って便して寝るだけで精一杯、もう一度熟睡して仕事前に回復するが連日仕事をしている錯覚に陥り精神的に辛さを感じる。

8万台はアイドンノー。(※カッコ内追記……と書いたがこの記事投稿した次の乗務で達成した。営業方法の割に万収4本は流石に出来過ぎてたと思う。高速仕事がメインだったから余力はあったつもりが明けは死んでました。)

ちなみに一年前は4万台で今の6万台疲労度合いでした。まあ疲労面は営収と比例するかというとそうでもないんだけれど、一応参考程度にはなると思う。

 

月収35万は現状、稼ぐこと自体はけっこうできる多分。プライベート(TVゲーム)の充実を図るなら月収30万ちょいが理想。尚、新卒一年目で月収30万未満だと上司から尻を叩かれる。月収35万はまあ頑張ってるなって言われるくらい。月収40万はけっこう褒められる。月収45万は感動される。てか感動する。

……というわけで暇を愛し、暇に愛されなかったけどいつか愛されるための努力をしたいと思い続けている新卒のタクシードライバーの一年前と現在でした。誰かの参考になったらいいなってことでドロン。