新卒タクシードライバーレポ

新卒でタクシードライバーを選んだ男の記録みたいなもの

新卒・大卒でタクシー会社を辞職したくなった理由

物事を100パーセント好きでやることは難しい、しかし嫌いな面があっても、それを受け入れたり、克服したりして物事と付き合っていける人は素晴らしい人だなあと常々思っている素晴らしくない人つまり私は嫌いな事から一目散に逃避する精神的ニートである。

 

そんな精神的ニートが新卒でタクシー会社に就職して驚くことに一年勤続したわけですが、勿論、嬉しい事、楽しかった事、面白かった事、悲しい事、辛かった事、焦った事、つまらなかった事、辛かった事、悲しい事、辛かった事、辛かった事、辛かった事……まあいろんな事を経験し今に至る。

 

しかしその影には今に至れなかった新卒の仲間達がいるわけで、私がギリギリに至った者として至れなかった理由、即ちタクシー会社を辞職したくなった理由を紹介します。

 

①給料

②勤務内容、勤務形態の過酷さ

③成績が悪い、不祥事が多い等の不甲斐なさ

④運転が嫌い、苦手

⑤事故と違反が怖い

⑥接客が辛い

⑦自動運転化により解雇されそう

⑧タクシーに対する偏見

⑨良い転職先、キャリアを見つけたため

⑩人間関係、同期が辞職したため等

 

彼女ができないという理由で辞めたいと感じる時がある。職業のせいにすんな、お前の魅力がねーからだとかは図星すぎてなんも言えねえ水泳選手よりなんも言えねえ。